任意売却は弁護士に相談した方が良いですか?

任意売却は弁護士に相談した方が良いですか?

任意売却は債務整理の一種であるため、弁護士が対応することは可能です。しかし、任意売却は自宅等の不動産を売却する不動産取引です。弁護士は宅地建物取引業免許を持っていないため、任意売却は弁護士だけではすることができず、必ず任意売却に長けた不動産会社と共同で問題解決にあたる必要があります。また、法人の任意売却の場合、売却する資産の規模や時期などは税理士と協力して判断します。さらに、不動産取引には司法書士が必要ですし、不動産鑑定士が査定する場合もあります。つまり、任意売却を成功させるには、弁護士の力だけではなく、各分野の専門家が協力して問題解決に当たることが大切なのです。

鹿児島県の任意売却は、
全国住宅ローン 救済・任意 売却 支援協会  
鹿児島県 認定加盟店 上町不動産  代表 森谷信実  
私が 担当いたします
ページの先頭へ