鹿児島の任意売却専門

住宅ローンの返済問題を
任意売却で解決します!

秘密
厳守
相談
無料
地域
密着

専門だから安心です。

専門だから安心です。

このようなお悩みは
ございませんか?

  • 売却検討中のお悩み

    収入が減り、住宅ローンの支払いが難しくなりそう

  • 売却検討中のお悩み

    住宅ローンの支払いを滞納してしまっている

  • 売却検討中のお悩み

    住宅ローン等の借入金問題で自己破産を考えている

  • 売却検討中のお悩み

    競売開始決定の通知書が裁判所から届いた

  • 売却検討中のお悩み

    銀行や保証会社から、督促状や警告書が届いている

  • 売却検討中のお悩み

    自宅を売却した後も、自宅に住み続けたい!

  • 売却検討中のお悩み

    離婚でトラブル回避のために自宅を売却したい

  • 売却検討中のお悩み

    住宅ローンの滞納で差し押さえが迫っている

住宅ローン・カードローンでのお悩みは
任意売却解決できます!

住宅ローンが支払えない、月々の返済が苦しくなりそう…とお悩みの方
専門家の私たちが任意売却で住宅ローンのお悩みを解決いたします。

任意売却とは?

任意売却とは、住宅ローン等の借入金が返済できなくなった場合、売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産を金融機関の合意を得て売却することです。

住宅ローンを滞納や延滞すると、債務者がローンを分割で返済する権利が失われ、お金を貸した金融機関は残りの住宅ローンを全額一括で返済することを要求してきます。そして残債務を一括で返済できない場合、金融機関は担保となっている自宅を強制的に売却し、その売却代金から貸したお金を回収します。これが競売です。
競売による不動産の売却では手続き期間が必要であり現金化までの時間がかかるうえ、市場価格より大幅に安くなるケースも多々起こりえます。

「住宅ローンが支払えない」、「住宅ローンの月々返済が苦しい」など、住宅ローンの返済にお困りの方当社は、まずお客様の現状をお聞かせ頂き、お客様の立場で最善の策がないかを思案した上で現在の状況に最適な提案を行います。

任意売却の仕組み

任意売却の仕組み

滞納進行フローチャート

滞納前

住宅ローンの支払いが苦しい

今はまだ滞納していなくても、今後の生活が苦しく支払いが遅れてしまいそう…

1~3か月

ローン滞納1~3ヵ月

金融機関から督促状・催促状が届く。このままの状態では家を競売にかけるとの通告。

4ヶ月目

「競売開始決定」通知が届く

地方裁判所より「競売申し立て」「競売開始決定」通知が届く。
この時期より4~5ヵ月程で競売入札が行われ、家は他人の物になり立ち退きしなければならなくなる。

5ヶ月以上

裁判所から執行官が訪問

競売入札の時期が近づき、執行官が競売に向けて、現状調査や自宅の写真を撮ったりする。
その後、裁判所での情報公開がされ、入札の通知が届く。

任意売却可能期間

この期間まではご相談可能ですので、
お早めにご連絡ください
0120-991-120

期間入札の開始から物件の引き渡し
任意売却と競売との比較
任意売却 競売
売却価格 高い(市場価格で売れる) 安い(市場価格の7~8割)
売却期間 短い 長い
返済金額 多い 少ない
プライバシー性 高い 公になってしまう
退去日 融通が利く 退去日まで
滞納金・経費の控除 あり なし
残債務 少ない 多い
残債務の交渉 不可
引越し代金 あり なし

まずはお気軽にご相談ください。

住宅ローンの支払いが滞ってしまうと、早ければ3ヶ月、遅くても6ヶ月で債権者(銀行など)は不動産を差し押さえます。
そうなってしまうと、裁判所の主導のもとで競売にかけられ、売却されてしまいます。
競売を申し立てられると、任意売却できる期間は限られますので、少しでも早くご相談いただくことで任意売却の成功が高まります。

お客様の現在の状況やご要望を具体的にお伺いさせていただきます。
任意売却は1人1人状況が異なりますので、お客様に合った解決方法を見つけます。競売だからと諦める必要もありません。

任意売却と競売との違い

任意売却

市場価格に近い価格で売却可能

市場価格に近い価格で売却可能

競売での落札よりも 高値での売却が可能となり、金融機関へより多くの返済が可能。

残債の返済条件について

残債の返済条件について

返済条件の変更の交渉により、無理のない返済条件へ変更することが可能。

引越代金を確保することが可能

引越代金を確保することが可能

引越代金や当面の生活費を確保できる可能性もある。

プライバシーが守られる

プライバシーが守られる

ローン滞納等の内情を近隣に知られる事なく売却可能。

自宅に住み続けられる可能性がある

自宅に住み続けられる可能性がある

残った債務(ローン)についても現状に則した話し合いを持つことが可能。

精神的な負担が減らせる

精神的な負担が減らせる

前向きな気持ちで、計画的に新生活を始めることができる。

競売

市場価格の7割~8割程度で落札

市場価格の7割~8割程度で落札

室内を見ることが出来ずに入札するため、市場価格よりも低く落札されることが多い。

残債の返済条件について

残債の返済条件について

一切交渉することができない

強制退去

強制退去

売却代金は債権者に支払われ、退去を早急に迫られたり、強制退去の場合もある。

公告というかたちで公表される

公告というかたちで公表される

競売広告に債務者の氏名や室内の写真等、プライバシーが公開される可能性がある。

必ず自宅を手放さなくてはいけない

必ず自宅を手放さなくてはいけない

競売落札後は、残債が確定し次第、一括返済の請求や給料差押えの可能性もある。

精神的な負担が大きい

精神的な負担が大きい

先行きが見えず、ストレスなど心理的な負担が大きい。

競売を避けることで、より有利に売却できるのが『任意売却』です。

一般的に競売より任意売却をすることの方がメリットが多いため、任意売却により不動産を売却するケースが増えてきています。

任意売却の 8 つのメリット

  • お手持ちのお金の持ち出しが一切ありません。
  • 競売よりも高く売却でき、返済額を増やすことが可能です。
  • 引越しの際の費用も負担してもらえる場合があります。
  • 近所の人に知られずに売却することが出来ます。
  • そのまま住み続けることが出来る場合もあります。
  • 残った債務は、無理のない金額で月々の返済が可能です。
  • 交渉により借金を免除してもらえる場合があります。
  • プレッシャーから解放され、精神的な負担を軽減できます。

任意売却は、競売と比較すると多くのメリットがあります。
任意売却を有利に進めるためにも、しっかりとした知識は重要です。現在のご自身の状況と照らし合わせて、任意売却ならどれだけメリットを受けられるか考えて頂ければと思います。

任意売却と競売

メリットの多い任意売却でも時間的な制限があります。
「競売だからもう諦めた!」という方でも早めのご相談なら交渉によってメリットを獲得できます。
諦める前に、是非ご相談ください。

悩む前に、まずはお気軽に
お問い合わせください!

0120-991-120

営業時間/9:30~18:30
定休日/年末年始

このような理由から、任意売却をおすすめします。
任意売却のことなら上町不動産へお任せください!

上町不動産について

上町不動産について

『任意売却』の専門家として、鹿児島県の相談を引き受けております。
住宅ローン問題は時間が経てば経つほど解決策の選択肢が狭まります。
また、その解決を図るためには法的な知識や金融機関との調整が必要となり、専門的なノウハウが求められます。
そのため、お一人で悩んでいても状況が悪化していく一方となってしまいます。
どこに依頼すればいいの?誰に頼めばいいの?
ご安心ください。代表のわたしが、最後までご対応します。
住宅ローンの返済による競売は、任意売却で回避することができます。
「今すぐではないけれど、今後支払いが難しくなるかもしれないので
「とりあえず 参考に」・・・といったご相談も増えております。
お早い段階で解決方法を知って頂くことで、選択肢に幅が出てきます。
ご状況として必要でなければ、無理に任意売却を勧めることはありませんのでご安心ください。

お客様へのお約束

  • チェックボックス

    常にお客様目線に立ち、これまでの経験と実績を活かし依頼者様の問題解決に向け全力を尽くします。

  • チェックボックス

    依頼者様が納得できるので、何度でも丁寧に分かりやすくご説明します。

  • チェックボックス

    任意売却の専門家として、依頼者様の新生活のスタートまで全力でサポートします。

  • チェックボックス

    どんなことがあっても、依頼者様の味方です。

解決実績

実際に弊社へご相談いただき、任意売却で成功した事例をご紹介いたします。
お客様それぞれの状況により解決方法は異なりますが、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

  • 解決実績タイトル

    フラット35を利用してます。督促状が届き、競売の申し立てをします。という通知が届いたのですが?

    相談内容

    生活苦から、住宅ローン以外にも借金を重ね、税金も払えなく、住宅ローンを数回滞納してしまいました。ど…

    解決実績相談内容
  • 解決実績タイトル

    コロナで生活に困窮。住宅ローンも払えない。(戸建て)

    相談内容

    ご主人の転職をきっかけに、生活費と称して消費者金融よりキャッシングを繰り返し行ってしまったとの事。…

    解決実績相談内容
  • 解決実績タイトル

    人員削減。転職先の収入は激減、夜と休日にアルバイト。ご家族の生活とローンの支払いのために借金。

    相談内容

    親会社の経理不正が発覚、お勤めの子会社もあおりを受け人員削減。転職先の収入は激減、夜と休日にアルバ…

    解決実績相談内容
  • 解決実績タイトル

    10年前に新築マンションを購入後収入が激減

    相談内容

    10年前に3LDKのマンションを諸費用込みで3000万円で購入しました。もともと年収1000万円あ…

    解決実績相談内容

よくある質問 Q&A

  • 被相続人の兄弟姉妹には 遺留分の 権利は ありません。

  • 任意売却は債務整理の一種であるため、弁護士が対応することは可能です。しかし、任意売却は自宅等の不動産を売却する不動産取引です。弁護士は宅地建物取引業免許を持っていないため、任意売却は弁護士だけではすることができず、必ず任意売却に長けた不動産会社と共同で問題解決にあたる必要があります。また、法人の任意売却の場合、売却する資産の規模や時期などは税理士と協力して判断します。さらに、不動産取引には司法書士が必要ですし、不動産鑑定士が査定する場合もあります。つまり、任意売却を成功させるには、弁護士の力だけではなく、各分野の専門家が協力して問題解決に当たることが大切なのです。

    鹿児島県の任意売却は、
    全国住宅ローン 救済・任意 売却 支援協会  
    鹿児島県 認定加盟店 上町不動産  代表 森谷信実  
    私が 担当いたします

  • 任意売却により分譲マンションが売却できて、滞納している固定資産税・管理組合に対する管理費・建設協力積立金も、売却代金の中から支払い、全くの費用負担も無く住宅ローンが大変少なくなり、残った債務は生活に支障のない金額で返済していくことで金融機関との話し合いがつき、引越し費用の心配もなく、新居も見つかりご主人さんは、就職も決まりまして、再出発が出来ました。

任意売却コラム

任意売却ご相談

秘密厳守、着手金などの現金をご用意いただく必要はございません。
安心してご相談ください。

お急ぎの方はお電話ください。

0120-991-120

営業時間/9:30~18:30 定休日/年末年始

売買物件

賃貸物件

上町不動産
からのお知らせ

ページの先頭へ