2022年07月02日

住宅のリースバックに関するガイドブック(国土交通省) 令和4年6月

リースバックのトラブル事例

• 強引な勧誘で契約してしまい、後々解約を申し出たら高額な違約金を請求され

• 支払賃料の合計額が数年で売却価格を超えることに後々気づいた
• 市場での取引価格より著しく低額な代金で売却してしまった
• 当初思っていた話と実際の賃貸借条件が違い、住み続けられない

リースバックの利用例

① 高齢者施設への住み替え
② 実家の建て替え資金の捻出
ライフスタイルに合わせた柔軟な住み替えに利用した例を想定

リースバックを利用する際のポイント

複数の不動産業者・金融機関に相談し、ライフプランに合った条件・手法(通
常の売却、融資など)を選択する
 事業者の営業を鵜呑みにせず、きちんと契約の条件・内容を理解し、家族・親族
等と相談して決める
 住み続ける期間、毎月賃料を支払えるか一度計算する
 提示された売却価格について、複数の事業者の意見を聞いてみる
 買戻しを検討する際には、「いくらで」等の条件を契約前に確認する
 自身が望む期間居住し続けられるのか、更新・再契約の条件等について契約書
を確認する
 リースバック期間中、設備が壊れた場合に修繕費等を負担するのは自分・事業
者のどちらなのかや新規設備の設置可否等について確認する。

大丈夫 リースバックを利用しましょう。の広告業者は 要注意です。

毎月の支払いがきびしい。 でも 現在の家に住み続けたい?  
大丈夫 リースバックを利用しましょう。の広告業者は 要注意です。住宅ローンなどの債務が残っている場合は、売却金額で完済できることが最低条件となります。

    代表者  森谷信実のプロフィール(資格)
〇ファイナンシャルプランナー(国家資格)
任意売却、相続、住宅ローン、将来設計、保険、税金などのご相談

〇宅地建物取引士(国家資格)
不動産売却、任意売却に関するご相談

〇賃貸不動産経営管理士 (国家資格)
賃貸アパート、賃貸マンションへの入居希望者及び家主様からのご質問・管理に関するご相談

〇任意売却取扱主任者
毎月のお支払いが厳しい方などの任意売却に関する相談
全国住宅ローン救済・任意売却支援協会 鹿児島認定加盟店

〇損害保険募集人
火災保険に関する相談

「今すぐではないけれど、今後支払いが難しくなるかもしれないので
とりあえず 参考に」・・・といったご相談も増えております。
お早い段階で解決方法を知って頂くことで、選択肢に幅が出てきます。ご状況として必要でなければ、無理に任意売却を勧めることはありませんのでご安心ください。
ページの先頭へ