住宅金融支援機構のフラット35が払えない場合は任意売却

2022年06月06日

住宅金融支援機構のフラット35が払えない場合は任意売却

フラット35が払えない場合は、任意売却をおすすめしています。

住宅金融支援機構のフラット35公式ホームページにも

「融資物件の任意売却(ご返済の継続が困難となった場合)」

という任意売却についての記載ページがあります。

任意売却については、難しく聞いたことが無い言葉も多いかもしれませんが、競売にくらべメリットが多い方法の一つです。手順も分かりづらい所があり、先の事が不安になるかと思いますが、ご相談の際に、現在のご状況に応じて今後どうなっていくのかなどの説明をさせて頂いていますので、不明点、不安な点をお気軽にお聞きください。

フラット35の支払いで困っている場合は是非ご相談を

フラット35が払えないという場合、支払いが困難な場合は、任意売却を進める方法があります。ローンが支払えないことは望ましい状況ではありませんが、あえて言いますと精神的に追い詰められるほど悩むことでもありません。ご相談頂いた際一番つらいのは、ローンが払えないことが原因でご相談頂く際にはすでに精神的にボロボロだったり、ご家族が離散してしまっていたりすることです。もう少し早くご相談頂いていれば違ったかもしれない……と悔やみます。
住宅ローンが払えない状況は、誰しも陥る可能性があることです。正しい手順で進んでいけば、最悪の状況を防ぐことが出来ます。住宅ローンが払えない状況から、新しい人生を歩んでいかれる方を多く支援させて頂いています。

 一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意・売却支援協会  
 
鹿児島県認定加盟店    上町不動産   代表 森谷信実

ページの先頭へ