ゆとりローン(住宅金融支援機構)利用で支払いが急に増えて返済できない

2022年06月19日

ゆとりローン(住宅金融支援機構)利用で支払いが急に増えて返済できない

ゆとりローン(ゆとり返済)とは平成4年から住宅金融公庫(現在の住宅金融支援機構)が販売していた住宅ローン商品で、当初5~10年間の「ゆとり期間」中は返済金額を抑え、その分をゆとり期間終了後に上乗せして支払うというものでした。同じ仕組みで年金住宅融資(現在は廃止)が、ステップローン(ステップ返済)という商品を販売していました。

この「ゆとりローン(ゆとり返済)」と「ステップローン(ステップ返済)」の問題点は、住宅ローン返済の6年目と11年目に返済額が一気に上がる仕組みということです。終身雇用と定期昇給を前提とした商品のため、実際の経済状況と違い問題が多かったため、平成12年に販売中止となりました。

協会設立以降、この「ゆとりローン(ゆとり返済)」「ステップローン(ステップ返済」を利用した方の、任意売却に関するご相談が相次いでいます。急増した月々の返済が出来ない、ボーナスは減ったのにボーナス払いも増加して返済できない、といったご相談が多くなっています。「ゆとりローン(ゆとり返済)」と「ステップローン(ステップ返済」は、当初の返済額が少ない期間は、ほとんどが金利返済となるため、通常の住宅ローンと比較して元金返済は進んでいません。そのため、自宅を売却しても住宅ローンが残ってしまう債務超過である物件が多く、自己資金での住宅ローン完済が難しい場合は、任意売却による自宅売却となります。

一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意・売却支援協会  
鹿児島認定加盟店    上町不動産   代表 森谷信実

 

ページの先頭へ